■ブラックリストの管理はどうなってるの?クレジットカードの知っておきたい知識

クレジットカードに関してブラックリストという言葉をよく聞きますがこれはどのように管理されている情報なのでしょうか。皆さんこれだけよく耳にする言葉だからこそ気になりますよね。このブラックリストと呼ばれるクレジットカードの信用情報は日本にある3箇所の信用情報機関にて管理され共有されています。どういう意味なのでしょうか。

俗に言うクレジットカードのブラックリストというのは信用情報機関が管理する信用情報に問題がある人のことを指していますよね。もし詳しいことから知りたければ別途内容を確認してください。この信用情報は基本的にはクレジットカード会社が加盟する先に登録や更新がされる仕組みとなっています。そのため基本的にはそれぞれの信用情報機関で情報が完結しているんですね。

ですが、ブラックリストに関する情報だけは少し扱いが異なります。クレジットカードのブラックになってしまう「異動」の情報については基本的には3箇所の信用情報機関で共有されることになっています。そのため参照する信用情報機関が異なったとしても、ブラックリストに入っているという事実はバレてしまう仕組みが取られているのです。これは他社で金融事故を起こしている以上、他のクレジットカード会社にもその影響が波及しないように考えて作られている仕組みだと思われます。一般にこの仕組みのことを「CRIN」と呼んだりもします。
全ての延滞情報などが共有されている訳ではなく、ちょっとした遅延などは共有されずにそれぞれの信用情報機関で管理されていると言われています。ただ共有されていなくとも他のクレジットカード会社が同じ信用情報機関を参照した場合にはバレてしまうことなので、遅延を起こすことの内容に支払日などには注意しないといけませんね。

共有される情報は小さな延滞情報などもありませんし、それぞれの信用情報機関が管理している情報に合わせて共有されることになっています。全ての信用情報機関が同様の内容を管理しているわけでもなく、信用情報の取り扱いについても異なる部分があるため全てが同じ情報になっているわけではありません。全てが同じ情報であれば機関が分かれている意味も無くなってきますしね。

ブラックリストとして取り扱われる「異動」の情報は全ての信用情報機関で共有され管理されていると思って間違いありません。信用情報機関が違えどもこの情報は筒抜けということです。ただ、始めの情報がどこで登録され管理されるかは使用しているクレジットカードによって異なりますのでその点は知っておいても良いでしょう。

■ブラックにおすすめのアメックスクレジットカード

ブラックにおすすめのクレジットカードは、ACマスターカードとされています。
ブラックはこのクレジットカード一択になってしまうのでしょうか。
他にも選択肢があった方が嬉しいですよね。

クレジットカード会社は、ほとんどが機械で審査を行っています。
ブラックというキーワードがあると、自動的にはじかれてしまうようになっています。
そのためブラックは、クレジットカード審査には通ることができないのです。

ブラックにおすすめとなるクレジットカードとなるのが、アメリカンエクスプレスカードです。
アメックスはブラックでも発行されることがあり、おすすめのクレジットカードとなっています。
アメックスの審査は、日本のクレジットカード会社とはやや異なっています。
ブラックだからとはじいてしまうのではなく、返済能力があるかを判断しています。
ブラックでも返済能力があれば、発行されるという審査基準なのです。

ただアメックスは、審査基準が甘いクレジットカードではありません。
どちらかというと、審査は厳しい部類に入るでしょう。
以前よりは審査基準が引きさがっているとはいえ、アルバイトなどの非正規社員は申込みができないなど、簡単にには発行できないクレジットカードです。
なので他のクレジットカードに落ちたから、メックスがおすすめということではないのです。
アメックスは収入が低く返済能力が低いブラックは、審査通過ができないと思われおすすめできません。
現在は地位もあり年収も高く返済能力があるけれど、過去にちょっとした過ちをしてブラックになってしまった…というケースにおすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

アメックスはプロパーカードと、提携クレジットカードがあります。
ブラックにおすすめとなるのは、アメックスのプロパーカードになります。
アメリカンエクスプレスカードや、アメリカンエクスプレスゴールドカードが、ブラックでも審査通過できる可能性があるクレジットカードです。
提携クレジットカードとなるセゾンパールアメックスや、MUFGカードゴールドアメックスなどは、ブラックにおすすめのクレジットカードとはなりません。
アメックスブランドでも審査基準は発行している日本のクレジットカード会社の基準となるため、ブラックとうだけで審査に落ちてしまうでしょう。

ブラックの場合は、アメックスよりもACマスターカードの方がおすすめできる人は多いのではないかと思われます。

■家族がブラックの場合におすすめのクレジットカード

自分はブラックではないけれど、家族がブラックなので…と心配する方がいます。
家族がブラックなので、クレジットカード審査に通らないと思っているんですね。

実際のところはどうなのかというと、家族がブラックだから審査が甘いクレジットカードがおすすめ…ということはありません。
基本的にクレジットカードの審査は、申込者本人だけが対象となります。
個人信用情報が参照されるのも本人のみなので、家族がブラックでもクレジットカード審査に影響することはないのです。
家族がブラックであっても自分に高い返済能力があれば、審査が厳しいクレジットカードに申込みをするのもおすすめです。

ただ家族のブラック情報が、クレジットカード審査に影響を及ぼす可能性はゼロではありません。
個人信用情報を参照すると、類似情報というものが出てくることがあります。
姓名や住所が同じ人がブラックですよ、という情報が、出てきてしまうことがあるのです。
その場合は同居する家族がブラックだと自然にわかってしまいます。
家族がブラックなので、同じようにブラックになるようなクレジットカードをの使い方をするのではないかと思われてしまいます。
またブラックの家族が自分でクレジットカードを作れないので、家族に頼んでクレジットカードを発行してもらおうとしているのではないかとも思われてしまいます。
そのため家族がブラックだと、クレジットカード審査に落ちてしまうことがあるのです。
同居する家族がブラックの場合は、注意をするのがおすすめです。
別居する家族がブラックの場合は、それほど心配することはありません。
住所が異なれば類似情報は出てきませんので、安心してクレジットカードに申込みをするのがおすすめです。

そして家族がブラックとなったクレジットカード会社では、審査に落ちてしまうこともあるようです。
家族が社内ブラックとなっていると、同じ住所や姓名の人が申込をすると怪しまれることがあります。
家族がブラックの可能性があると、本人に問題がなくても審査に落とされることがあるのです。
申込をするなら、家族が社内ブラックとなっていないクレジットカード会社がおすすめとなります。
家族がどのクレジットカードでブラックになったかわからない…という方は、家族に一度確認しておくことをおすすめします。
家族がブラックのせいでクレジットカード審査に落ちるのはイヤですからね。
もし家族がブラックになったのがJCBカードであったら、JCBカード以外のクレジットカードに申込みをすればOKです。

■ブラックに超絶おすすめのクレジットカード

ブラックにおすすめのクレジットカードといっても、審査がありますので発行できないこともあります。
ブラックでも審査に通過できる可能性があるというだけで、発行できないことも多いのです。
ブラックでも確実に発行できるクレジットカードがあったらいいのに…と思いますよね。

クレジットカード審査が不安なブラックには、デビットカードがおすすめです。
デビットカードは審査がありません。
そのためブラックでも、簡単に発行することができるのです。

デビットカードを発行できる条件

・16歳以上である
デビットカードにより発行できる年齢は異なるのですが、高校生でも発行できるものがほとんどです。

・銀行に口座がある
デビットカードを発行する銀行に口座が必要となります。
これは決済口座に使用するためです。

デビットカードは、以上の条件を満たしてれば発行が可能です。
ブラックにとって、審査がないというのは非常に魅力的でしょう。

ただデビットカードは、クレジットカードと同じように使えるのか心配というブラックもいるでしょう。
クレジットカードが欲しいのに、クレジットカードのように使えなければ意味がなくおすすめにはなりません。

ショッピングの場合は、レジでデビットカードを提示すれば決済ができます。
インターネットショッピングではデビットカードの番号や名義人などを入力し、送信すればOKです。
使い方はクレジットカードと同様です。
またVISAやJCBといった国際ブランドが付帯していますので、国内だけでなく海外でも使うことができます。
どこで使うのにもおすすめと言えます。

ただデビットカードは使えない場所もあるようです。
公共料金の支払いには使えず、ガソリンスタンドなども対応していないこともあるとされています。
デビットカードが使えるところは増えていますが、まだクレジットカードが使えてもデビットカードは使えない…ということもあるので注意をしておきましょう。

デビットカードは審査がなくブラックでも発行できるのはなぜなのでしょうか。
ヒミツは決済方法にあります。
デビットカードは利用した瞬間、決済口座から代金が引き落としされます。
クレジットカードのように誰かがいったん支払いをしてくれるということはなく、返済をしなければならないということはありません。
そのため審査がなく、ブラックにもおすすめとなっているのです。
ブラックでもおすすめのクレジットカードでも審査に落ちてしまうなら、デビットカードはおすすめです。

■クレジットカードでブラックから抜け出すための期間は

理由はなんであれクレジットカードのブラックになってしまったとき様々な問題が発生してしまいます。例えばほとんど全てのクレジットカードを発行することが出来なくなりますし、既存のクレジットカードに関しても強制解約となる危険性があります。また各種無担保ローンにも通りませんし、担保のある住宅ローンなどでも怪しくなってきます。携帯電話の割賦も難しくなってしまいますね。

こんな日常生活に大きな問題を引き起こしてしまうクレジットカードのいわゆるブラックリスト入りですが、どのようにすればここから脱出することが出来るのでしょうか。今回はブラックリストに入ってしまってからの建て直し方法について説明していきます。

まず、クレジットカードのブラックとなる信用情報の「異動」とはどのような状態なのでしょうか。基本的なルールとしては異動が記載されるのはクレジットカードや各種カードローンの支払い期日から起算して61日以上滞納しているか3ヶ月以上滞納することになるのどちらかに該当する場合です。ただ、これに該当しない範囲で遅延しても大丈夫といった間違った知識を持ってはいけません。あくまでもこれは法律に基づいて記載される情報であり、各クレジットカード会社の判断はこれよりもずっと厳しい可能性は往々にしてあるのです。

さて、このブラックリスト入りに値する「異動」ですがどのようにすれば抜け出せるのでしょうか。方法としては時間が解決してくれる以外のものはありません。そしてこの時間による解決もただ解決してくれるのではなく、異動が付いたクレジットカード会社に対して完済してから5年間というルールになっています。つまり、一度ブラックに入ってしまうと法律の取り決めから最低でも5年間は抜け出せないということになっているのです。

ですが、これは逆の捕らえ方もあります。もし仮に何かの都合でブラックに入ってしまったとしても、そこからしっかりと完済することが出来ればその後5年間でブラックからは脱出することが出来るのです。中には一度ブラックになってしまうと一生クレジットカードが作れないと思っている方も居るでしょう。そんなことはもちろんありません。しっかりと完済することが出来ればそこからは時間が解決してくれるようになっているのです。

また、クレジットカード会社のごく一部ですが異動が付いたあとも完済していれば発行を検討してくれる場合もあります。そのためブラックは完済から5年で抜け出せるものの、発行はもっと早く済ませることも出来るかもしれません。