■よく耳にするブラックリストって何?

クレジットカードの審査においてなにかと耳にすることも多い「ブラックリスト」という単語。これだけを聞くと何やら不穏な感じしか感じませんよね。この原因としては実際にブラックリストとはどのようなものかを皆さんが理解されていないことが問題だと考えられています。実際にブラックリストという代物があるように感じるからこそ不安になってしまうのですね。ですが、実は皆さんの印象には反してブラックリストと呼ばれるものは存在していないのです。一般にブラックと呼ばれる状態があるのは事実なのですが、これは実際にリスト化されている訳ではありません。その実態とはどのようなものなのでしょうか。

ブラックリストではないですが、皆さんのクレジットカードの使用状況や申込状況は日本に3箇所ある信用情報機関と呼ばれる機関が管理しています。そのため、それぞれの支払状況などがリストとして管理されているという意味では必ずしも間違っているとは言い切れないのが現状です。この信用情報にはクレジットカードやローンに関する支払状況はもちろんのこと、申込情報など全てのことが記載されています。そのため正しく支払いを続けている人であっても情報は管理されているわけですね。この点を正しく理解されていない人が多く、問題を起こした人だけがブラックリストとして管理されているとの誤解を持っている人が多いように感じています。
この信用情報にはクレジットカードの支払状況がどうなっているのかを判別できるような仕組みが作られています。例えば期日に正しく支払えている、期日までに支払いが無かった、期日には支払いがあったが一部だけだったなどが例として挙げられるでしょう。また、こういった情報の他に遅延が続いている人を判別する仕組みが用意されています。それが信用情報に「異動」との区分が記載されることです。信用情報に異動が記載される例としては2ヶ月以上クレジットカードの支払いを滞納した場合などがあります。この異動が記載されていることを一般にはブラックリストに入ったと呼ぶことにしています。

クレジットカードの申し込みや利用時に必ず使用される信用情報に異動が記載されると、他の全てのクレジットカード会社からその事実を確認できるようになります。つまり、他のクレジットカード会社に「この人は遅延を続けたことがあります」と知らせるわけですね。クレジットカードは信用のもとに成り立っていますから、遅延が続く人には発行しにくいのは皆さんも予想出来ると思います。これがクレジットカードのブラックリストの仕組みなんですね。

■ブラックでも作れるクレジットカード・ACマスター

ブラックでも作れるクレジットカードは、ほとんどないとされています。
その中でブラックでも発行できる可能性が高いとされているのが、ACマスターカードです。

ACマスタカードは、審査が甘いクレジットカードというと必ず名前があげられます。
クレジットカードの審査は、機械にかけて行われることが多いです。
勤務状況、居住形態、家族構成などをスコアリングし、一定の点数以下だと審査に落ちることになります。
また個人信用情報機関にブラック情報があると、そこで機械にはじかれて審査落ちとなってしまいます。
しかしACマスタカードは、機械だけでなく人の手でも審査を行っています。
現在ブラックを解消しており、無職でなく少しでも返済能力があれば、発行されるような審査なのです。
そのためブラックでも返済能力さえあれば、作れる可能性があるのです。

ブラックの場合は利用限度額は最低で発行されるようになっています。
返済能力があるとしても、ブラックは信用がないことに変わりはありません。
過去にブラックになるような行為をしていれば、今後も同じようなことをすると考えられるでしょう。
支払いがされないときのリスクが最小になるように、利用限度額を低くしているのです。

口コミなどでも、ブラックでも審査に通った、自己破産後だけれど発行できたといったものが多々あります。
ブラックでも100%審査に通るクレジットカードではありませんが、ブラックが挑戦してみる価値はありそうです。

ACマスターカードの特徴

・即日発行が可能
ACマスターカードは、即日発行が可能なクレジットカードです。
審査通過後にアコムの無人契約機「むじんくん」でクレジットカードを発行すると、即日発行ができます。
むじんくんは全国各地に設置されており、それほど大きくない地方都市にもあります。
即日発行がしやすいクレジットカードです。
審査通過さえできれば、ブラックでも即日発行は可能です。
どうしてもクレジットカードが必要になってしまった…というときは、おすすめのクレジットカードです。

・ポイントサービスはない
クレジットカードの大きな魅力となるのが、ポイントサービスです。
利用金額の0.5%~1.5%程度が、ポイントとして還元されます。
しかしACマスターカードは、ポイントの還元はありません。
ポイントをためる楽しみはないクレジットカードです。
しかしブラックはポイントとか言っている場合ではなく、審査通過のしやすさを優先してください。

■ブラックでも作れるクレジットカード・アメックス

ブラックでも作れるクレジットカードに、アメックスがあります。
アメックスはアメリカが本社で、外資系のクレジットカード会社です。
ブラックでも作れる可能性があるのは、日本のクレジットカード会社とは審査のやり方が異なるためとされています。

クレジットカードの審査では、個人信用情報が参照されます。
そこでブラック情報があるとアウトです。
アメックスの審査でも個人信用情報は参照されるのですが、ブラック情報があっても審査は継続されます。
ブラックとなったのはいつなのか、完済はしているのか、現在までの支払い状況はどうなのかなどを見ます。
そしてブラックを解消してからある程度年数が経過しており、現在は返済能力が十分にあると判断されれば、クレジットカードが発行されます。
ブラックでも返済能力さえあれば、審査通過ができるということなのです。

日本は過去の情報を重視する傾向があります。
どんな学校を出ているのか、過去にどのような職についていたのかなど、気にする方は多いですよね。
そのため過去にブラック情報があると、一発で審査落ちというクレジットカードも多くなるのでしょう。
海外の場合は過去にとらわれず、現在を重視する傾向が強いです。
過去にブラックでも、現在問題がなければ良いとするのです。
それが日本のクレジットカードと、外資系となるアメックスの違いとなるでしょう。

ただアメックスは審査が甘いクレジットカードではありません。
ブラックでも作れる可能性はありますが、審査通過するには高い返済能力が必要です。
非正規社員での発行は難しく、フリーターでブラックなんだけど!なんて人は発行は難しいです。
またブラックでも発行できるのは、アメックスのプロパーカードとなります。
日本のクレジットカード会社が発行しているアメックスブランドのクレジットカードではありませんので、注意をしましょう。

アメックスの特徴

・ステータスが高い
もともと富裕層向けに発行されていたクレジットカードなので、ステータスは高いです。
ブラックでも発行できるからといって、簡単に持てるわけではないでしょう。

・手厚いサービスがある
空港ラウンジ無料利用(同伴者1名まで無料)、手荷物無料宅配サービス、リターンプロテクション、旅行保険など、手厚いサービスがあるクレジットカードです。
年会費は高額ですが(グリーンカードで税別12,000円)、それ以上の価値を感じられるクレジットカードです。

■ブラックでも作れるクレジットカード・楽天カード

ブラックでも作れるクレジットカードとして、楽天カードの名前が上がることがあります。
楽天カードは顧客満足度が高く人気なので、ブラックでも発行できると嬉しいでしょう。
ポイントもたまりやすく、お得度も高いです。

楽天カードは審査が厳しいクレジットカードではありません。
なのでブラックでも発行できる可能性はあるでしょう。
「楽天カードはブラックでも発行できた」という口コミも、いくつか見ることができます。
ただ信ぴょう性が高いかは疑問です。

楽天カードの審査は、機械で行っているとされています。
特に問題がなければ、数分で審査が完了することもあるようです。
申込をしてから数分後には審査結果メールが届いた!なんてケースも少なくはありません。
人の手で審査をしていると、こんなにスピーディに審査をするのは無理でしょう。
機械で審査をしていると、個人信用情報にブラック情報があるだけではじかれる可能性が高いです。
なのでブラックでも発行できるクレジットカードという可能性は低いと考えられるのです。

ただ楽天カードをブラックでも発行できたという方はいます。
ブラックでも審査通過をしたという人は、キャッシング枠をゼロ円にして申込をしています。
キャッシングを付けるとクレジットカードだけでなく、キャッシングの審査にも通過しなければなりません。
Wで審査を受けるより、クレジットカード審査だけの方が落ちにくい…となるためです。
そして前回クレジットカードに申込みをしてから、半年以上経過してから申込をしています。
半年経過すれば個人信用情報から申込情報が消え、他のクレジットカードに審査落ちしていることがわかりにくいです。
他の審査に落ちているなら、ウチも発行しない…と思われてしまいがちですからね。
ブラックでもクレジットカードが欲しい場合は、ACマスターカードの方が発行しやすいと思われます。
しかしブラックでもどうしても楽天カードが良いというなら、上記のように申込をしてみてください。

楽天カードの特徴

・ポイントサービスが魅力
基本的に100円に1ポイントがたまりますが、楽天市場では4倍になるのが特徴です。
楽天市場でショッピングをするならおすすめでしょう。
ポイントがたまりやすく、お得なクレジットカードです。
また入会特典も豪華で、入会するだけで5,000~8,000ポイントほどもらえるのも魅力です。
入会してすぐお得を感じられるクレジットカードです。

■ブラックでも必ず作れるクレジットカード?!

ブラックでも発行できる可能性があるクレジットカードでも、申込みをしたら審査に落ちてしまった…ということは珍しくはありません。
どんなに審査が甘いクレジットカードでも、審査通過率が100%ということはありません。
ブラックだと審査は不利になりますから、審査通過率はぐんとさがってしまいます。
ブラックでも作れるクレジットカードであっても、審査通過できないブラックはたくさんいるのです。

ブラックでも確実に発行できるのが、デビットカードです。
デビットカードの発行に必要なのは、銀行の口座です。
クレジットカードのように審査がされることはなく、ブラックでも簡単に持つことができます。

デビットカードが無審査なのは、決済方法にポイントがあります。
クレジットカードは加盟店が利用分を、クレジットカード会社に支払ってもらいます。
そしてクレジットカードを利用した会員が、クレジットカード会社に支払ってもらった分を返済する…という形です。
返済能力がないとクレジットカード会社は、返済をしてもらえません。
そのため必ず審査が行われるのです。
デビットカードは利用されると、支払いは利用者の口座から行われます。
店舗で現金のやり取りはありませんが、銀行口座からその場で支払っていることになりますので、現金で支払っていると同じような感じです。
審査で返済能力を判断する必要はないのです。
ブラックでも銀行口座さえあれば、持つことができます。

デビットカードは正式にはクレジットカードではありませんが、クレジットカードのように使うことは可能です。
普段のショッピングはもちろん、インターネットショッピングでも利用可能です。
インターネットではクレジットカード決済のみという場合も少なくないですから、デビットカードがあると決済ができない…と困ることはなくなります。

しかしクレジットカードが使えても、デビットカードは使えない場合もあります。
公共料金、ガソリンスタンドなどでは、デビットカードは使えません。
使い勝手の良さでは、デビットカードよりクレジットカードとなってしまうでしょう。

またデビットカードの中には、審査が必要なものもあります。
貸付制度のあるデビットカードは、クレジットカードと同様審査を通過しないと発行することができません。
ブラックだと審査に落ちる可能性がありますので、ブラックでも発行したいなら審査があるデビットカードは避けるようにしてください。