■ブラックにおすすめクレジットカードの申込方法

ACマスターカードは、ブラックでも発行できる可能性があるクレジットカードです。
しかし普通の人に比べると、ブラックが審査に落ちやすいのは確かです。
ブラックは少しでも審査が有利になるように、心がけるのがおすすめです。

クレジットカードの申込フォームは、丁寧に入力するのがおすすめです。
ACマスターカードの申込フォームは、他のクレジットカードに比べると簡素だとされています。
クレジットカードの審査に最低限必要な項目だけを入力すれば良いので、申込みにかかる時間も短くて済むでしょう。
だからといって、適当に入力をするのはおすすめしません。
申込フォームに空欄があったり不備があったりすると、審査通過率がぐんと下がってしまいます。
丁寧に入力をして、申込みフォームを完成させましょう。

クレジットカードの申込時は、ウソをつかないことが大切です。
クレジットカードの審査に不利になってしまうことは、どうしても隠したくなりますよね。
特にブラックだと少しでも審査に通りやすくしようと、事実とは異なることを入力して提出してしまうことがあります。
しかしこのような行為は、おすすめできません。

クレジットカードの申込フォームにある項目は、個人信用情報などを参照すれば事実がわかります。
ウソうをついていることは見抜かれてしまうでしょう。
年収100万円なのに500万円としたり、借入があるのに借入なしとして申込をしても、審査通過できる考えられません。
平気でうそをつく人間性に問題がある人と思われますので、クレジットカード審査では不利になるだけです。

また申込フォームに、空欄が多いのもおすすめしません。
クレジットカードの申込フォームもきちんと作成できないほど不真面目な人たと思われてしまい、審査に落ちやすくなるためです。
ブラックは空欄がひとつあっただけでも、審査に落ちてしまうかもしれません。
ACマスターカードの申込フォームは複雑ではないので、すべて埋めるのは難しいことではないでしょう。
申込フォームは、正しくすべて埋めるのがおすすめです。
それがブラックでもクレジットカード審査に通過できるポイントとなります。

ACマスターカードは審査が甘いクレジットカードだとしても、審査がないわけではありません。
審査落ちするケースは少なくなく、ブラックだとさらに審査落ちする確率は上がってしまいます。
申込フォームの入力時から、審査は始まっていると思っておきましょう。

■ブラックのクレジットカード審査・固定電話がおすすめ

クレジットカードの申込フォームには、連絡が付く電場番号を必ず入力しておくのがおすすめです。
ブラックがACマスターカードに申込みをするさいも、住所だけでなく電話番号を忘れずに申告してください。

クレジットカードに申込みをするときに、必ず必要となるのが連絡先です。
申込基準に「電話連絡が可能な方」という文言があるクレジットカードも少なくはありません。
クレジットカード会社は、会員と連絡が付かないことを恐れています。
それは貸し倒れリスクが高まるためです。
支払いをしてもらえないとき、督促をしなければなりません。
電話連絡が付かないと、本人に直接督促をすることができなくなりますよね。
連絡がつかないならいいやと、そのまま支払いをしてくれない可能性が高くなってしまいます。
そのため連絡先がはっきりしない人は、クレジットカード審査に落ちやすくなるのです。

ブラックの場合は、特にいつでも連絡が付くかは重要視されます。
ブラックになったのは、支払いができなくなり延滞をしたり債務整理をしたりしたからでしょう。
今後も支払いが遅れる可能性は高いと思われます。
連絡がつかないと督促もできませんので、連絡が付くかは大切なのです。

ブラックの場合電話番号は携帯電話と固定電話と2つを記入するのがおすすめです。
家を空けることが多いので、固定電話を記入しても意味がないので不要なのでは?と考える人もいます。
携帯電話があれば、いつでも連絡はつきますからね。
しかし携帯電話は、簡単に番号を変更することができます。
クレジットカードを発行してから変更されてしまうと、連絡が付かなくなる可能性があります。
なので携帯電話だけでは、信用性が低くなってしまいます。
固定電話は携帯電話のように、簡単に番号を変更するのは難しいです。
それに固定電話があると、居住地がはっきりするというメリットもあります。
固定電話があるとうことは、そこに住んでいる証拠になるんですね。
固定電話があった方が、ブラックはクレジットカード審査に通りやすくなるでしょう。

また自分や自宅の電話番号だけでなく、勤務先の固定電話番号も必ず記入しておくのがおすすめです。
勤務先の電話番号がないと、在籍確認ができません。
本当は勤務をしていない企業を勤務先として申告しているのではないか?とも疑われてしまいます。
ブラックは信用がありませんから、悪い方、悪い方に考えられてしまいがちなので注意をしてください。

■ブラックのクレジットカード審査・低限度額がおすすめ

ブラックにおすすめのACマスターカードは、利用限度額が高いクレジットカードです。
ショッピング枠は最高300万円まであり、キャッシング枠と合計すると最高800万円までとなります。
一般のクレジットカードだと最高でも100万円未満の利用限度額となる場合も多く、ACマスターカードは非常に高い金額を利用できます。
高額の物を購入したいときなどにはおすすめでしょう。

しかしブラックは、高い利用限度額を望まないのがおすすめです。
ACマスターカードは申込み時に希望利用限度額を申告できますが、最低に指定するのがおすすめです。
クレジットカードは利用限度額が上がるほど、審査が厳しくなります。
もし貸し倒れが起こった場合、10万円より100万円の方が被害額が大きくなりますよね。
利用限度額を高くするには高い返済能力が必要になってしまいます。
ブラック経験がある人は信用度が低いですので、高い利用限度額を希望すると審査には落ちやすくなるでしょう。
最低金額に設定して、申込みをするのがおすすめです。

ACマスターカードの場合、ブラックには利用限度額5万円~10万円程度で発行されることが多いようです。
ブラックは過去に延滞や債務整理などをしており、これからも同じ過ちを繰り返す可能性があります。
クレジットカードを使われても返済してもらえないと困りますので、ブラックには最低の利用限度額で発行されるのです。

クレジットカードの利用限度額は、発行後に引き上げることができます。
5万円じゃ足りない…と思っても、のちに30万円、50万円…と上げていくことはできるのです。
なので発行当初は利用限度額が低くても、大きな支障はないと思われます。
ただクレジットカードを発行すれば、自動的にだれでも利用限度額が引き上がるわけではありません。
クレジットカードの利用状況を良くする必要があります。
クレジットカードを発行したら、コンスタントに使うのがおすすめです。
発行しても全然利用実績がないような使い方は、良いとは言えません。
毎月請求を上げて支払いをしていれば、よく使ってくれ返済もきちんと行ってくれる優良な会員と認められます。
そうすればクレジットカードの利用限度額は、自動的に少しずつ引き上がって行くのです。
ブラックであっても発行後の利用状況が良ければ、優良会員となることは可能です。
そのうちACマスターカードで、300万円の利用限度額をもらえる日がやってくるかもしれません。

■ブラックおすすめはクレジットカードよりキャッシング

ACマスターカードを発行するアコムは、クレジットカードだけでなくキャッシングカードも発行しています。
消費者金融ですのでどちらかというと、クレジットカードではなくキャッシングカードの方がメインと言えますね。
クレジットカード審査に不安があるブラックの人は、まずはキャッシングカードに申込みをするのもおすすめです。

クレジットカードとキャッシングの審査を比較すると、キャッシングの方が通りやすいといえます。
キャッシングは貸金業法により発行されています。
一方クレジットカードは貸金業法だけでなく、割賦販売法にも基づいて発行しなければなりません。
関係する法律が多くなりますので、審査が複雑になり通りにくくなる…というわけなのです。
審査に通りにくいブラックは、キャッシングのみの方が審査落ちしにくくなるでしょう。

キャッシングカードを発行し、真面目に使ってみましょう。
少額でも良いので借入をし、期日までにしっかり返済をします。
それをくり返すことにより、アコムに信用をつけることができます。
その後クレジットカードのACマスターカードに申込みをしましょう。
キャッシングでの利用状況が良ければクレジットカードの利用状況も良いだろうということで、審査に通りやすくなるのです。

ただキャッシングで気になるのは借りすぎでしょう。
現金を借りられると思うと気持ちが大きくなり、お金を使いすぎてしまうことがあります。
ブラックになるような過去を持つ人は、計画的にお金を使うのが苦手…ということも多いです。
キャッシングカードを発行しても、使いすぎないようにしましょう。
利用限度額を最低にするなど、高額利用ができないようにするのがおすすめです。

またキャッシングをすると利息がかかってしまいます。
アコムでは最高年18.0%の利息が必要です。
借りすぎたり借入期間が長いと、利息が大きくなるので注意をしましょう。
利息を考えずにキャッシングをしてしまうと、返済ができなくまたブラックとなってしまうことも考えられます。
ブラックをくり返さないようにするのがおすすめです。

ACマスターカードにはショッピング専用とショッピングとキャッシングができるクレジットカードがあります。
通常はキャッシングを付けない方が審査通過しやすいので、ブラックにはショッピング専用のACマスターカードがおすすめとなります。
しかし消費者金融発行のクレジットカードということで、ブラックでもキャッシング枠が付帯して発行されることが多いようです。

■信用情報でブラックでも発行可能なクレジットカード

個人信用情報にブラック情報があると、クレジットカード審査は厳しいです。
新規に申込をしても、審査落ちが濃厚でしょう。
しかしどうしてもクレジットカードが欲しい、クレジットカードが必要…ということがあるかもしれません。
ブラックでも発行できるクレジットカードはあるのでしょうか。

・デビットカード
デビットカードは審査がありませんので、個人信用情報を閲覧されることはありません。
ブラックであっても、発行することができるのです。
デビットカードの特徴は、支払い方法にあります。
利用をすると瞬時に決済口座から支払いが行われます。
自分のお金で支払っていることになりますので、利用者に支払いをしてもらえない…という心配はありません。
なので審査なしで、ブラックでも発行することが可能なのです。

デビットカードはクレジットカードの加盟店で使うことができます。
インターネットショッピングでの利用も可能で、クレジットカード決済しかできないときなどは便利です。
ただ公共料金の支払いや、ガソリンスタンドでの支払いなど、まだ利用ができない場合もあるようです。

・家族カード
家族カードは家族に発行するクレジットカードです。
請求は本カードにされますので、家族カードはどのような人が使っても問題ないことになっています。
発行にあたり審査がされることはほぼなく、本カード会員に問題がなければ発行されます。
個人信用情報上ではブラックであっても、家族カードなら発行ができるということなのです。
ただ家族カードは、発行してもらえる家族がいないとどうにもなりません。
同居し同じ姓名で同一家計であるなど、家族カードを発行できる範囲は狭くなってしまいます。
家族カードを発行してもらえるような家族がいるなら、依頼をしてみましょう。

個人信用情報にブラック情報があるので、クレジットカードが作れない…。
それなら誰かに借りてしまおう!と考える人もいるようです。
しかしクレジットカードの貸し借りは、禁止されているのでできません。
クレジットカードは名義人しか使うことができず、たとえ家族で会っても貸し借りをするのはクレジットカードの規約違反となります。
もしクレジットカード会社に知られると、利用停止などの措置を取られることもあります。
クレジットカードを貸してもらった人にも、迷惑をかけてしまうので絶対にやめましょう。
クレジットカードを使いたいなら、必ず自分で発行するようにしてください。