■支払いをしなかった

クレジットカードの審査を受ける時に最も重要となってくるのが個人信用情報にブラック情報が掲載されてしまう、ということなんです。ブラック情報が掲載されてしまうと、ほぼ100%の確率で審査落ちになってしまうんです。そうなってしまうと、どのようにあがいたとしてもカードを取得できません。
ブラックはそれほど行けないものなんです。

このサイトでは個人信用情報にブラックが掲載されてしまうケースについて幾つか紹介していきます。クレジットカードを確実に取得していきたい、と考えている方は必見です。

■支払いをしていないとブラック入りしてしまう!

・クレジットカードの支払に遅れてしまう
・消費者金融の支払いに遅れてしまう

上記のようなことが継続的に行われている場合にはカードの審査を受けたとしても審査を突破できることはありません。もちろん1週間や2週間の返済の遅れが1回や2回程度であれば問題はありません。しかし、現状も滞納が続いている、という状態になってしまうとカード審査には突破できなくなってしまうんです。

また2ヶ月以上に渡って借りたお金を返せない状態が続くとその時点でブラック入りです。しばらくはカード審査に通らなくなってしまうので注意しましょう。

■債務整理を行った

個人信用情報にブラック情報が記載されてしまう条件として「債務整理」というものがあります。実際に債務整理を実施してしまうと、クレジットカードの審査には落ちてしまいます。もちろんずっとブラック情報が掲載され続けるわけではありません。しかし、一定期間は掲載され続けることになるので、大きな問題に発展してしまうわけです。

こちらではブラック情報と債務整理の関係性に迫りますね。

■そもそも債務整理とは何なのか?

・個人再生
・特定調停
・任意整理
・自己破産

上記のようなもののことを債務整理、と呼んでいます。要は、借金が返済できなくなってしまった時に返済金をなしにしてもらったり減額してもらったりすることを指しています。

債務整理をしたということは返済能力に難のある人物、という判定をされてしまいます。だからこそ審査落ちをしてしまうのです。

しかも、債務整理系のブラック情報はかなり長くに渡って掲載され続けてしまいます。厄介な存在なので気をつけなければなりません。

■債務整理系のブラック情報はいつまで掲載されてしまうのか?

・5年間から10年間程度も掲載され続けてしまう

個人情報機関によっても掲載期間が異なっているのですが、基本的に5年間以上となっています。
債務整理をしてしまえば5年以上は借り入れができない、カードが作れない、といった状態になってしまいます。
その点を理解した上で債務整理は実施しましょう。

■クレジットカード現金化をした

クレジットカードの審査に通るためにはなるべく問題のない個人情信用報でなければなりません。ブラックリスト入りしてしまうことは避けなければならないのです。

問題は、どのようなことをしてしまうとブラックリスト入りしてしまうのか、ということです。知識がなければ、知らず知らずのうちにブラックリスト入りしているかもしれません。

今回は、クレジットカードの現金化とブラックリストについて詳しく解説します。

■そもそもクレジットカード現金化って何?

・ショッピング枠をお金に変えるもの

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。キャッシング枠を使い果たしてしまったとしても、ショッピング枠が残っている、というケースもあるでしょう。そのキャッシング枠を現金に変えるサービスが有るんです。
例えば、10万円残っていたらその10万円の枠を80,000円で買い取ってくれる業者がいるんです。手元には現金が80,000円入ってくる、ということになります。

■なぜクレジットカードの現金化が問題になるのか?

・規約で禁じられているから
クレジットカード会社としては、ショッピング枠の現金化はしてはいけないものと明示しています。もしもしてしまうと規約違反となってしまい、強制退会させられてしまうことも。さらにブラック入りにされてしまうのです。

■多重の申し込みを行った

どうしてもクレジットカードを作りたくって、一度に何度も申込を実施している、というかたもいるのではありませんか。そういった方は個人信用情報にブラックな情報が記されてしまうおそれがあるので注意しましょう。
クレジットカードへの多重の申込、というものはなるべく避けるべきです。

今回はクレジットカードの多重申込みとブラックについて詳しくお話しますね。

■なぜカードの多重申込みはブラック入りになってしまうのか?

・問題のある人物だと思われてしまうから

短期間で5枚や6枚のカードに申し込んでいるということは、何かしら問題があるのではないか、といった判断をされてしまいます。いくつものカードをえて、一気に借り入れを行って、その上で債務整理してくるのではないか、といった恐怖心があるんです。

さらに、何度も申し込むということは何度も審査に落ちている可能性もあります。そういった部分もマイナスに見られてしまうのです。

■カードの申込みはどの程度の間隔をあけるべきなのか?

・理想としては半年に1回の申し込みがベスト

半年間はカードの申込情報が残ってしまう可能性があります。ですから、カードの申込み感覚はなるべく6ヶ月程度はあけましょう。
もちろん、あくまで理想なので月に1件くらいの申込みであれば問題視されないこともあります。

■携帯電話の支払いが遅れた

ブラックリスト入りをしてしまわないためには、携帯電話代金の支払いをしっかりと行う、ということが極めて重要になります。「携帯電話代金の支払いは、クレジットカードの個人信用除法には関係ないのではないか」と思っている方も多いでしょう。しかし、決してそのようなことはありません。深く関係しているのです。

こちらでは携帯電話料金の支払いとブラックの関係性について解説します。

■携帯電話の支払いの滞納がなぜブラックに関係するのか?

・携帯電話の割賦購入はローンと同列に扱われるから

新しく携帯電話やスマートフォンを購入すると、毎月少しずつ返済をしていくことになります。月々の返済額は数千円になりますが、携帯電話料金と一緒に支払っていくことになるでしょう。中には支払えなくて滞納してしまうケースが非常に多くなっているのです。

携帯電話の代金の支払ですが、これはローンなのでその支払は個人信用情報に掲載される、といったシステムになっています。返済がしっかりと行われていない、ということになるとブラック情報となって掲載されてしまい、クレジットカードの申込みに大きな影響を与えてしまうのです。

督促状が届いてしまっている場合には、すでに信用情報が大きく傷ついている可能性があるので注意してください。

■同姓同名について

これは極めて稀なことですが、しっかりと把握しておくべきことでもあります。ごくごく稀に発生することでもあるのですが、本来は自分がブラックリスト入りしていないにもかかわらず、個人信用情報に問題があるとしてクレジットカードの審査に落ちてしまう事例があるんです

その理由について詳しくお話します。

■同姓同名の人がブラックリスト入りしているととばっちりを食らってしまうことも

・同じ生年月日
・同姓同名

上記に該当している方がブラックリストしている場合には、非常に稀なことですがブラック入りしているとカード会社に勘違いされてしまう事があるのです。住所などの情報をしっかりと確認してもらえば平気なのですが、そこまでしっかりと調べていないと、誤った情報のまま審査を受けることになってしまう可能性もあります。

何も問題をおこした経験がないのに、なかなかクレジットカードの審査に通らない、といったことがあった場合には疑ってみても良いでしょう。

カード業者によってはしっかりと調べた上で、その情報に基づいて審査してくれるところもあるので、スパッと審査を通してくれるところもあるはずです。なかなか審査に通らない場合には、個人信用期間(CICやJICCなど)から情報を取り寄せて、確認してみることもおすすめです。

■ブラックはクレジットカードはあきらめるのがおすすめ

クレジットカードは安定した収入があり返済能力を有している、居住場所がはっきりしておりいつでも連絡がつくという条件を満たしていれば発行することができます。
しかしブラックになってしまうと、上記の条件を満たしていても審査に落ちてしまいます。

ブラックは個人信用情報機関に金融事故情報が掲載されている状態です。
クレジットカードの審査では必ず個人信用情報が参照されます。

ブラックになる金融事故

・延滞、滞納
2か月以上支払いが遅れると、ブラックになってしまいます。
数日遅れたくらいではブラックにはなりません。
延滞をしてしまっても、なるべく早く返済するのがおすすめです。

・自己破産や債務整理
借金を整理するのは、金融事故とされます。
借りたお金を返してもらえないのですから、クレジットカード会社にとっては一番避けたいブラックです。
自己破産や債務整理にならないよう、計画的にクレジットカードや消費者金融を利用するのがおすすめです。

・多重申込
同時期にクレジットカードに何枚も申込をすると、申込みブラックとなります。
とりあえずたくさん申込をしておけば、どれかは審査に通るだろう…と複数に申込みをするケースもありますが、すべて審査に落ちる結果となってしまいます。
1枚にしぼって申込をするのがおすすめです。

・強制退会
クレジットカードの規約違反などで、強制退会させられることがあります。
個人信用情報機関によっては強制退会は記録されないとも言われていますが、個人信用情報機関は情報を共有しています。
クレジットカードの現金化など、クレジットカードの規約違反は起こさないのがおすすめです。

・携帯電話料金の未払い
携帯電話機本体の購入料金が発生している場合、毎月に支払い状況が個人信用情報に掲載されています。
若い世代を中心に、携帯電話料金の未払いでブラックになっているケースは増えています。

・奨学金の未払い
進学のために借りる奨学金の利用状況も、個人信用情報機関に掲載されます。
返済するのが大変だから…と滞納していると、ブラックになってしまいます。

このような事故情報が個人信用情報に掲載されていると、クレジットカードの発行は難しいと思われます。
クレジットカードに申込みができないわけではありませんが、審査に通過できる確率は非常に低いです。
審査に落ちてしまうとその記録も個人信用情報に残ってしまい、ますますクレジットカード審査に落ちやすくなるので注意が必要です。

■ブラックでもブラック情報を消せばクレジットカード作成は可能

ブラックリストに掲載されてしまったとしても焦る必要はありません。ブラックでもクレジットカードを作成する方法はあるのです。その方法を知っていれば、いずれはクレジットカードを持つことも出来るようになります。

今回はブラック情報を消す、ということについてお話しますね。

実際にどうすればブラック情報を消してクレジットカードを作成できるようになるのでしょうか。

・借金を全て完済すること

個人信用情報の返済状況のところに「異動」と記されてしまうと基本的にどのカード会社もカード発行に応じてくれなくなってしまいます。まずはその異動という情報を削除しなければなりません。

異動の情報を削除していくためには、まずは延滞を解消することです。すべてを完済することが必要です。さらに、弁護士や司法書士などを利用して債務整理を実施してください。そうすれば形式上は借金を返済したことになります。

ただし、大きな問題があることも否めません。実はそれだけではブラックから情報が削除されるわけではありません。後は5年以上の期間が必要になってきます。時間的に解決を図っていかなければならないので、すぐにカードが作成できるような状態にはなりません。その点はしっかりと理解しておく必要があるのです。